SAKURA English サクラ・イングリッシュ・スクール

【子供と英会話】ネイティブが使う英語フレーズをおうちで使ってみる

英語フレーズ 英語学習

「子供は英会話を習ってる」
そんなご家庭も、今の日本だとかなり多いですよね。
子供が英語を学校で学び、英会話を習っているのに、パパとママが英語が苦手なんてこともよく聞きます。

でも、それはとってももったいないことです。せっかくなので、家庭に英語を取り入れて、みんなで英語に触れましょう。

英会話を上達させるには、英語にどれだけ触れるかが大事になってきます。
英語漬けの日常のために留学をすれば英語力がアップするのは間違いのない事実。
さらに、独学の学習としては独り言を英語でつぶやくことでも、英語に触れる日常をつくることができます。

子供の場合は、パパとママが家庭で日常に英語を取り入れることで、子供の英語力にグッと差がついてきます
日常的によく使っているフレーズを英語におきかえて、毎日の生活に取り入れましょう。

この記事では、ネイティブなら子供の時に身に付ける、英語フレーズをご紹介します。
発音の仕方やアクセントは動画や音声で確認ができます。
SAKURA English SchoolではYouTubeやkindle、spotifyなどのポッドキャストでも「ネイティブの子供が使う英語フレーズ」を発信していますので、好みにあった方法で聞いてくださいね。(目次からジャンプできます)

パパとママは実は英語通!?必要なのは英語の「断捨離」

じつは日本人はいろいろな英語の知識を持っています。
もちろんパパとママだって、例外ではありません。
例えば、動詞の変化、アクセントの位置、現在完了などの文法、典型的なイディオムなどです。
にもかかわらず、いざ外国人と会話をする機会があると、簡単な会話する成り立たないことが多いもの。
そして「自分は英語が苦手・・」と思ってしまっている人もいるのでは。

まるで美味しい材料はたくさんあるのに、料理が上手にできなくて困っているような状態です。
材料を使わなくてはいけないことはわかっているのに、どうしていいのかわからないくらい、
片付いていなかったり、道具の使い方がわかっていません。

料理の初心者がいきなり割烹料理やフランス料理を作ることはできませんね。
まずはシンプルなご飯の炊き方、お汁の作り方、おかずの作り方をしっかりできるようになること。
難しい、手の込んだ料理は基本がしっかりできてからです。

英語に置き換えてみれば、日常的によく使うシンプルな言い回しを体に叩き込むことが重要です。
例えば、中学英語の一番最初に学習するThis is/That is.(これはペンです)
「意味のない英語」だと揶揄されることも多いですが、このフレーズも日常的に使いこなせる言い回しです。

Is this yours?(これあなたのですか?)
Is this BTS?(これ BTSの曲?)
That’s enough.(もう結構だよ)
That’s weird.(それヘン)

このように、実際使う言い回しを頭に叩き混むことが必要なのです。
そのためには「これだけでいい!」「できるだけシンプルに」そんな英語を意識的に組み立てることが課題です。
ネイティブなら子供の時に耳で覚えて身につける、日常的でシンプルな表現をご紹介します。
難しい英会話を「断捨離」してまずは、シンプルな英語で賢い会話術を身につけましょう。

「おはよう!」毎日定番の朝フレーズを英語で話す

毎日朝起きてから、出かけるまでの時間。
実は子供に話すことって決まっていたりしませんか?

アラームが鳴り止まない時

もう起きる時間は過ぎてるのに、子供の部屋のアラームが鳴り止まない。
ここまで聞こえてくるのに、うるさくないのかしら・・・。
そんな日常の一コマ。こういった英語がとっさに出てくるには練習あるのみです。

Turn off the alarm.	
目覚まし止めて。

朝の身支度をうながす時

まだ顔を洗ってない子供に声をかける。
そんな毎日のフレーズです。

Go wash your face.
顔を洗ってきて。

急いで欲しい時

できれば、子供に対してあまり言いたくないフレーズですが、
お仕事に出かけるママなら、絶対に覚えておく必要がありますね。

Hurry up.	
急いで。

「〜の時間だよ。」を伝えるフレーズ

「It’s time to 〜.」で 「〜の時間だよ。」という意味になります。
この言い方でいろんな言い回しができるので覚えておくと便利です。

It's time to go.
でかける時間だよ。

そのほかの子供に話す朝のフレーズ

Wake up!
起きて。

Good morning.
おはよう。

Did you sleep well?
よく寝た?

You look sleepy.
眠そうだね。

Fold the Futon.
布団たたんでね。

Get dressed.
着替えてね。

Breakfast is ready.
朝食の準備ができたよ。

Check the time.
時間見てね。

Let’s brush your teeth.
歯を磨こう。

Do you have everything?
忘れ物ない?

See you later.
またあとでね。

Be careful.
気をつけてね。

「おかえり!」子供に話す夕方からのフレーズ

学校から帰ってきた、子供と会話でよく使うフレーズを集めました。
難しい単語は使わなくても、これだけでキャッチボールができますよ。

子供が元気がない時の声かけフレーズ

なんとなく、いつもと違って元気がない。
そんな時には気遣いのフレーズとして定番の使うフレーズです。
もちろん子供に対してだけでなく、大人にも使えます。

What happened?	
どうしたの?

「どっちにしょうかな?」迷った子供に聞くフレーズ

おやつに迷った時、色に迷った時、
どっちにしようかな?と迷ってしまう場面は日常にいろいろでてきます。
そんな時にはこのフレーズを使ってみましょう。

Which one?	
どっちがいい?

「〜はどうだった?」の時に使うフレーズ

感想や、出来事について子供に聞きたい時に使える便利なフレーズです。
「How was〜?」で 「〜はどうだった?」という意味です。
「How was today?」(今日はどうだった?)
「How was the test?」(テストどうだった?)
というふうにいろんな使い方が可能です。

How was school?	
学校どうだった?

その他の子供に話す夕方からのフレーズ

Do your homework.
宿題しなさい。

Let’s wash your hands.
手を洗ってね。

You’re back.
おかえり。

Here’s some snacks.
おやつあるよ。

Give me your hand.
手伝って。

No fighting.
ケンカしないの。

Do you want it?
欲しい?

Elbows off the table.
テーブルに肘をのせない。

Take a bath.
お風呂に入って。

Rinse your hair.
髪をすすいでね。

Dry yourself with a towel.
タオルでしっかりふいてね。

That’s too bad.
残念だったね。

Don’t be a picky eater.
好き嫌いしちゃだめ。

You’ll take a bath by yourself.
一人でお風呂入ってね。

Hey, go to sleep.
もう寝なさい。

Please don’t rush me.
せかさないで。

Don’t hog the bathroom
トイレを占領しないで!

これ覚えておくと便利!子供に使える日常フレーズ

日常のいろんな場面で使えるシンプルで便利なフレーズです。
子供に対してだけでなく、大人でも使える便利な言い回しです。

子供に終わったかどうかを確認したい時

例えば、宿題やご飯、お願いしていたお手伝いなど。
終わったことを確認したい時にはこの一言で十分です。

Finished?
もう済んだ?

許可をもとめる便利なフレーズ

Can you 〜?の疑問文は、できるかどうかを確認する疑問文と習いましたね。
この疑問文の主語を
youからIにすることで、使える疑問文になります。
「触ってみたい」「もっと近くでみたい」「行ってみたい」など、やりたいことがある時に、Can I〜?と相手に聞くことができるのです。

CCan I do it?
してもいいかな?

疑問詞がわからない時に便利なフレーズ

例えば、DoesやWillが出てこない、わからない時に便利なのがright?(これで合ってる?)と最後に言うことです。
It’s 7 o’clock, right?
You are his teacher, right?
など、通常の文の最後に付け加えることで疑問文にすることができます。

This is mine, right?	
これ、僕のだよね?

数えられるものを聞く時のフレーズ

「1個、2個・・・」と数えることができるものを「何個いるのか?」と聞きたい時にはHow many?となります。
対して、液体やお金についてはHow much?を使います。

How many do you need?	
いくついるの?

その他の便利なフレーズ

Look to the side!
横見て。

Are you ready?
準備いい?

Whenever.
いつでもいいよ。

That’ll teach you.
良い勉強になったね。

Behind you!
後ろ通るよ。

Heads up!
危ない!

Where are you going?
どこいくの?

What’s wrong?
どうしたの?

It’s up to you.
まかせるよ。

Why is that?
なぜですか?

Can you give me some help?
手伝ってくれる?

What’s that called?
それってなんて言うの?

How was your day?
今日はどうだった?

Not yet?
まだかな?

You promise.
約束だよ。

Since when?
いつから?

Do I have to?
やらなきゃいけないの?

Almost there.
もうちょっとだよ。

What do you think about it ?
君はどう思う?

Whose is it?
誰のかな?

Is it right?
ほんとかな?

Do you want more?
おかわりいる?

Do you mind moving over just a little?
ちょっと詰めてくれる?

What’s that mean?
それってどういう意味?

Why don’t you like him?
どうして彼のことが嫌いなの?

What sport do you like?
どのスポーツが好き?

Do you want to play?
遊びたい?

YouTubeで見る

YouTubeで手軽にフレーズを聞き流すのに最適です。親子で練習するのもいいですね。

Kindleでしっかり読む

YouTubeよりボリュームアップしたフレーズ300はAMAZONの電子書籍で販売中です。Kindle unlimitedなら無料です!


Spotify(音声)で聞き流す

通勤や通学などの移動時間にはスマホを使ってSpotifyで聞くのが手軽ですよ。

シンプルに伝える。オンライン英会話で子供と一緒にアウトプット

ご飯の炊き方、お汁の作り方を毎日繰り返して料理の基本を学んでいくように、英語の基本を何度も学習する必要があることを解説しました。
語学学習には「インプット」と「アウトプット」があります。

インプット

・Youtubeやspotifyで聞き流し(リスニング)
・英語で書く(ライティング)
・英語で考える(シンキング)

アウトプット

・英語の本を読む(リーディング)
・独り言をつぶやく
・英語で会話する

インプット学習はコツコツと継続を続けることがポイントですが、一人で好きな時間に好きなだけすることができます。
アウトプット学習はとにかく口から英語を話すことです。
ですから家庭生活に英語を取り入れることが効果的なのです。
言葉というものは会話をするために必要なものなのでやはり会話の練習は絶対です。
アウトプットを増やしたり、会話のレベルをあげるならオンライン英会話がオススメです。

オンライン英会話でアウトプットする

オンライン英会話のメリットは何より、自宅にいながら安い費用で外国人と話せることでしょう。月々数千円でレッスンを受けることが可能です。

なお、SAKURAのおすすめスクールはCMでおなじみのDMM英会話と無制限のレッスンが売りのネイティブキャンプです。この2社のどちらかで始めるのがおすすめです。
迷ってしまう方は両社を比べたこちらの記事を参考にしてください。
ズバリどっち?DMM英会話vsネイティブキャンプ、比較と決め手

両社ともトライアルは無料でできますので、まずはお試しでやってみるのがいいと思います。

>>ネイティブキャンプ【公式サイトはこちら】
>>DMM英会話【公式サイトはこちら】

まとめ

いかがでしたか?
毎日家庭で子供と一緒に使えるフレーズを紹介しました。
ネイティブなら子供の時に覚えてしまう、ナチュラルなフレーズばかりです。
Youtubeの動画やspotifyと組み合わせて、ぜひ活用してくださいね。