【大人にオススメ】ネイティブの子供が使う英語フレーズ YouTube連動

YouTube 英語 英語フレーズ

英会話講師のサクラ(@SAKURA_Eng)です。

日本語だと簡単に言えることも英語だと、とっさに出てこないこと多々ありますよね。
私たちが基本的に持っている知識は義務教育で習った英語。日本語を学ぶ「国語」の勉強を振り返れば理解できると思いますが、「実際日常で話している言葉」と「授業で学ぶ言葉」は少し違っています。

だから普段話したいようなことが「すぐに使えない」「すぐに出てこない」ということになってしまうのです。

例えば、「わかりません」は
I don’t know.
だけが正解ではありません。

I have no idea.
I’m not sure
など、場面によって使い分けるのが自然です。

そこで今回の記事では、ネイティブなら子供の時に身に付ける、英語フレーズをご紹介します。
勉強の方法はブログや本で学んだり、YouTubeをみて勉強されたい方も音声で移動中に学習したいなど、人それぞれです。
「SAKURAのおうち」ではYouTubeやkindle、spotifyなどのポッドキャストでも「ネイティブの子供が使う英語フレーズ」を発信していますので、お好きな勉強方法を取り入れてくださいね。(目次からジャンプできます)

これだけでいい。英語の「断捨離」

じつは日本人はいろいろな英語の知識を持っています。
例えば、動詞の変化、アクセントの位置、現在完了などの文法、典型的なイディオムなどです。
にもかかわらず、いざ外国人と会話をする機会があると、簡単な会話する成り立たないことが多いものです。

まるで美味しい材料はたくさんあるのに、料理が上手にできなくて困っているような状態です。
材料を使わなくてはいけないことはわかっているのに、どうしていいのかわからないくらい、雑然としていたり、道具の使い方がわかっていません。

料理の初心者がいきなり割烹料理やフランス料理を作ることはできませんね。
まずはシンプルなご飯の炊き方、お汁の作り方、おかずの作り方をしっかりできるようになること。
難しい、手の込んだ料理は基本がしっかりできてからです。

英語に置き換えてみれば、日常的によく使うシンプルな言い回しを体に叩き込むことが重要です。
例えば、中学英語の一番最初に学習するThis is/That isだって日常的に使いこなせる言い回しです。

Is this yours?(これあなたのですか?)
Is this BTS?(これ BTSの曲?)
That’s enough.(もう結構)
That’s weird.(それヘン)

このように、実際使う言い回しを頭に叩き混むことが必要なのです。
そのためには「これだけでいい!」「できるだけシンプルに」そんな英語を意識的に組み立てることが課題です。
ネイティブなら子供の時に耳で覚えて身につける、日常的でシンプルな表現をご紹介します。
難しい英会話を「断捨離」してまずは、シンプルな英語で賢い会話術を身につけましょう。

シンプルに伝える。オンライン英会話でアウトプット

ご飯の炊き方、お汁の作り方を毎日繰り返して料理の基本を学んでいくように、英語の基本を何度も学習する必要があることを解説しました。
語学学習には「インプット」と「アウトプット」があります。

インプット

・Youtubeやspotifyで聞き流し(リスニング)
・英語の日記を書く(ライティング)
・英語で考える(シンキング)

アウトプット

・英語の本を読む(リーディング)
・独り言をつぶやく
・英語で会話する

インプット学習はコツコツと継続を続けることがポイントですが、一人で好きな時間に好きなだけすることができます。
アウトプット学習はとにかく口から英語を話すことです。
リーディングや独り言は一人でできる学習ですが、言葉というものは会話をするために必要なものなのでやはり会話の練習は絶対です。

オンライン英会話でアウトプットする

オンライン英会話のメリットは何より、自宅にいながら安い費用で外国人と話せることでしょう。
英会話スクールでネイティブとマンツーマンレッスンに月2万円でも通うことはできません。
でもオンライン英会話なら、1万円前後でレッスンを受けることが可能です。

なお、SAKURAのおすすめスクールはCMでおなじみのDMM英会話と無制限のレッスンが売りのネイティブキャンプです。この2社のどちらかで始めるのがおすすめです。
迷ってしまう方は両社を比べたこちらの記事を参考にしてください。
ズバリどっち?DMM英会話vsネイティブキャンプ、比較と決め手

両社ともトライアルは無料でできますので、まずはお試しでやってみるのがいいと思います。

>>ネイティブキャンプ【公式サイトはこちら】
>>DMM英会話【公式サイトはこちら】

独り言・意見を伝えるフレーズ

独り言で呟いたり、自分の思っていることを伝える時によく使う表現を集めました。
習ってないようなフレーズもあるかもしれませんね。

大好きなことを伝えるとき

例えば、大好きなことを伝えるには、「I like 〜」では足りません!
もうほんとに好きなので、毎日ずーとサッカーして、サッカーの試合を見ている。
そんな彼のことを伝えるには、「be crazy about 〜」がぴったりです。

He is crazy about football.	
彼はサッカーが大好きです。

痛みを伝える時

I have stomachache.
でももちろん間違いではありません。
下記のフレーズは「お腹」がとても痛いということが伝わります。

My stomach hurts.	
お腹が痛い!

偶然会ったことを伝えるフレーズ

「ばったり会った」という偶然の感じを出すには下記のフレーズで伝わります。

I ran into Kotaro today.	
今日、コウタロウにばったり会った。

形容詞closeを使ったフレーズ

closeは「閉じる」という意味だけではありません。
形容詞になると、「親密、仲がいい」という意味になります。

My family is close	
私の家族は仲がいい。

知っているはずなのに・・のフレーズ

全て知っている単語ばかりですが、実は意味がわからない!という人も多いフレーズです。

I can't help it.
しょうがない。

そのほかの日常表現フレーズ

I arrived at school on time.
学校に時間ぴったりにつきました。

My uncle gave me snacks.
僕のおじさんがお菓子をくれました。

That sounds fun.
楽しそう!

I have to go home
家に帰らなくちゃ。

There are a lot of people in Tokyo.
東京には人がたくさんいる。

I remember everything.
全部覚えているよ。

I shouldn’t have lied.
嘘なんてつくんじゃなかった。

I’m afraid of snakes.
ヘビが怖い。

I’d like to try a lot of sports.
いろんなスポーツに挑戦したい。

I’m going home.
家に帰ります。

That’s not what I meant.
そういう意味じゃないんだけどなー。

I’m trying my best.
ベストはつくしてます。

I have a hay fever.
花粉症です。

We’ve reached the halfway point.
半分まできたよ。

He lacks courage.
彼は勇気がない。

I tried everything.
精一杯やった。

I want to be a pilot.
パイロットになりたい!

My school was closed due to the typhoon.
台風で学校が休みになった。

I’m tired of my daily life.
毎日がうんざり!

That’s all I need.
必要なものはこれだけです。

It might rain
雨が降るかもしれない。

Who knows what he’s thinking.
彼が何を考えているのか、さっぱりわからないよ。

I didn’t think the test was that difficult.
テストはそんなに難しくなかった。

That’s a waste of time.
時間のムダだよ。

I think I understand.
分かると思う。

That’s all.
これで終わりです。

よく使う、日常的な声かけフレーズ

会話でよく使うフレーズを集めました。
難しい単語は使わなくても、これだけのキャッチボールができますよ。

場面に合わせて使う便利なフレーズ「Go ahead」

「Go ahead」は単語を見ると理解できますが、「Go(進む)」「ahead(前方へ)」という意味合いになります。
例えば、「許可を求められた時」「順番を譲る時」などに、「Go ahead」といいます。
または、道を聞いた時前方に進む場合など、よく使うフレーズです。

Go ahead and use mine	
どうぞ、僕のを使って。

I hopeとI wishの使い方の違い

日本語に訳すと「希望する」と同じような意味合いにある、 I hopeとI wishですが、実はニュアンスが違っています。
I hopeの場合は「実現可能なことを期待しています」
I wishの場合は「実現することがほぼ不可能なことに対しての希望を言っています」

I hope you're having fun.	
楽しめるといいね。

I wish I were you.	
うらやましいな。

「あと少し」の時に使うフレーズ

時間や距離、目標までなどに対して「あともう少し」という場合に使うフレーズがこれです。
「Almost time」「Almost there」という簡単なフレーズで、「もう少し」ということが伝えられます。

Almost!	
おしい!

その他の声かけフレーズ

I’d like one more
もう一つ欲しいです。

It’s going to be OK.
なんとかなるよ!

I have question for you.
聞きたいことがあるんですけど。

Don’t worry about it.
気にしないで!

I don’t feel like talking right now.
今は話したくないな。

Be careful
気をつけて!

I can do it by myself.
ひとりでできるよ。

Good for you.
よかったね!

I’m looking forward to seeing you.
会うのが楽しみです。

I’m glad to see you.
会えてうれしい。

Please don’t
やめてください。

Keep it a secret.
秘密にしてね。

Let me think about it.
ちょっと考えさせて。

Tell me what you know
知っていることを話して。

You can do it !
君ならできるよ。

Please don’t rush me.
せかさないで。

Don’t hog the bathroom
トイレを占領しないで!

I’m not sure.
ちょっとわからないな。

Thank for your help
助けてくれてありがとう。

I agree with your suggestion.
君の意見にさんせいだ。

I’m sorry I fogot.
忘れてごめんなさい。

I’ll tell you as soon as possible.
できるだけ早く教えるよ。

I’m sure it’s okay.
きっと大丈夫だよ。

Don’t be shy.
はずかしがらないで。

That’s not fair.
ずるいよ。

See you later.
またね。

That’s too bad.
残念だなあ。

Come on in.
どうぞ入って。

I’ll get it.
僕がやるよ!

Everyone does it.
みんなやってるよ。

I’m sorry I’m late.
遅れてごめんね。

Tell me too.
僕にも教えて。

Let’s not fight.
けんかはやめよう!

Never mind.
気にしないで。

日常的な疑問文のフレーズ

話している人に、聞きたいことがある時に使うフレーズです。
疑問文が浮かばない時は、末尾を上がり調子で話すのが大事なポイントですが、次の段階としては簡単なフレーズを覚えてしまいましょう。

歳を聞きたい時

日本でも同じですが、大人の人にはあまり年齢を聞くようなことはしませんよね。
ですから、この「How old are you?」は子供向けのフレーズと理解しておきましょう。
大人の人にどうしても年齢を聞く必要がある場合は、下記のように尋ねましょう。

May I ask your age?
歳を聞いてもいいですか?
How old are you?	
何歳?

許可をもとめる便利なフレーズ

Can you 〜?の疑問文は、できるかどうかを確認する疑問文と習いましたね。
この疑問文の主語を
youからIにすることで、使える疑問文になります。
「触ってみたい」「もっと近くでみたい」「行ってみたい」など、やりたいことがある時に、Can I〜?と相手に聞くことができるのです。

Can I try?	
やってみていい?

疑問視がわからない時に便利なフレーズ

例えば、DoesやWillが出てこない、わからない時に便利なのがright?(これで合ってる?)と最後に言うことです。
It’s 7 o’clock, right?
You are his teacher, right?
など、通常の文の最後に付け加えることで疑問文にすることができます。

This is mine, right?	
これ、僕のだよね?

数えられるものを聞く時のフレーズ

「1個、2個・・・」と数えることができるものを「何個いるのか?」と聞きたい時にはHow many?となります。
対して、液体やお金についてはHow much?を使います。

How many do you need?	
いくついるの?

その他の疑問文のフレーズ

Have you ever seen a koala?
今までにコアラを見たことがありますか。

What should I bring?
何を持っていったらいい?

Are you interested in going?
行きたい?

Are you all right?
大丈夫?

Can you get me that pen?
ペンを取ってくれる?

Do you know who did it?
誰がやったか知ってる?

Is that right?
そうなの?

What’s wrong?
どうしたの?

Could you open the door, please?
ドアを開けてもらえる?

Why is that?
なぜですか?

Can you give me some help?
手伝ってくれる?

What’s that called?
それってなんて言うの?

How was your day?
今日はどうだった?

What do I have to bring tomorrow?
明日は何を持って行かなければいけないの?

How do you like sushi?
お寿司は好きですか?

Are you ready?
準備できた?

Do I have to?
やらなきゃいけないの?

What can I do to fix this problem?
この問題を解決するにはどうすればいいの?

What do you think about it ?
君はどう思う?

Is it OK if I just watch today?
今日は見学していいですか?

Who are you talking to?
誰と話してるの?

How can I get better at soccer?
どうやったらサッカーが上手になりますか?

Do you mind moving over just a little?
ちょっと詰めてくれる?

What’s that mean?
それってどういう意味?

Why don’t you like him?
どうして彼のことが嫌いなの?

What sport do you like?
どのスポーツが好き?

Do you want to play?
遊びたい?

YouTubeで見る

YouTubeで手軽にフレーズを聞き流すのに最適です。親子で練習するのもいいですね。

Kindleでしっかり読む

YouTubeよりボリュームアップしたフレーズ300はAMAZONの電子書籍で販売中です。Kindle unlimitedなら無料です!

Spotify(音声)で聞き流す

通勤や通学などの移動時間にはスマホを使ってSpotifyで聞くのが手軽ですよ。

まとめ

いかがでしたか?
ネイティブなら子供の時に覚えてしまう、ナチュラルなフレーズを集めました。
Youtubeの動画やspotifyと組み合わせて、しっかり覚えてしまいましょう。