独り言 英会話の効果は絶大!独学でできる英語のススメ。フレーズ集付き

オンライン英会話 英語 英語の基礎

英会話講師のサクラ(@SAKURA_Eng)です。

英語を話せるようになりたいなら、インプットとアウトプットの両方をしていかなくてはいけません。でも、インプットは一人でできるけどアウトプットとなると、日本だとチャンスが限られますよね。もちろん24時間の中で多くの時間をネイティブスピーカーと話せるのが一番ですが、そんなチャンスがある人は多くはいません。

だったら英語がうまくはならないんじゃないか・・。
大丈夫です!そんなことはありません。
独学でアウトプットできる練習。
それが「独り言」トレーニングなのです。

実はもう多くの英語学習者が「独り言」トレーニングを始めています。


この記事では、「独り言」トレーニングを行うことによってどんな効果があるのか?
どんな風にやればいいのかを解説していきます。

「独り言」英会話は本当に効果があるのか?

結論を先に言うと、効果はあります。

例えば、こんなことはありませんか?
英語を話すチャンスがあって、言いたいことがあったのに出てこなかった。
後から考えれば「こう言えば良かった」と分かっていたはずの言葉なのに・・。

どうしてすぐに英語が出てこないのか? と言えば、慣れてないからです。
私たちの母国語である日本語も同じですよね。新しい流行り言葉や、難しい言葉などは、何度も目にしたり使ってみないと、スムーズに使うことはできません。

そこでオススメしたいのが毎日「独り言」を英語でつぶやくことです。
毎日誰に言うでもなく、ブツブツと英語をつぶやくことで英語の力がアップします。では詳しく解説します。
YouTubeでもフレーズを確認できるので合わせてどうぞ!

効果1:英語に慣れることができる

英語を話すチャンスがあったのに、うまく言葉がでてこなかった・・。これは英語を使い慣れていないからおこる現象です。

そもそも日本に住んでいれば、英語を使わなくても生活ができるのが当然です。無理に英語の環境にでも入らない限り英語を話す必要性はありません。
だから英語を話すことに慣れていないのです。慣れていないから、知っているはずの言い回しも間違えるし、とっさに出てこないということになってしまうのです。

「独り言」トレーニングを毎日することによって、「なんとなく知っている」英語のフレーズが「使い慣れている言葉」へと変わっていきます。
日本語の流行り言葉と同じように、何度も目にして使ってみることが自分のものに捨コツです。「独り言」トレーニングで知っているフレーズを自分のものしましょう。

効果2: 苦手な発音が理解できる

ネイティブの発音が自分と違っている理由はいろいろありますが、大きなものは「リエゾン」と「ストレス」があることです。「リエゾン」と「ストレス」については、下記の記事に詳しく説明していますが、日本語とは違うためにリスニングがしにくいと言われています。

例
The point of this exercise is to watch your mouth at a mirror.
(このトレーニングのポイントは鏡で口を確認することだ)

point of[poin-tov] ポイントォヴ
exercise is[éksɚsὰɪ-ziz] エクササイジィズ
mouth at a[mάʊ-θətda] マウサァダァ

こんな風にワードちワードがくっついて、一つ一つの発音とは違うものになっています。しかも文章に強弱があるのがネイティブの発音なのです。これは何度も聞いて自分でブツブツと繰り返してトレーニングをするのがベスト。
そこでオススメなのが、「独り言」トレーニングなのです。

効果3: 文法を自分のものにできる

未来形、現在完了形、関係代名詞・・。
過去に勉強してなんとなくは知っているのに、実際使うことは難しいのが正しい文法です。

I’ve been studying English for 2 hours!
(もう二時間も勉強してる!)

I’m sleepy because I’ve woken up at 5 am today.
(今日は5時に起きたから眠いなあ)

こんな風に日常の生活を英語にしていくと、実際にどんな風に文法を使えばいいのかが自分でわかってくるようになります。間違えたって大丈夫。独り言ですから。最初は2語文くらいの短いフレーズしか話せなくても、何度も繰り返せば、長いセンテンスも話せるようになってきます。

「独り言」トレーニング。実は留学しないで、英語を上達させられる学習方法なのです!
Kindleでも「独り言」について詳しく学ぶことができます。

「独り言」トレーニングの方法

5W1Hを意識します!
5W1H

What:「独り言」で何を話すのか?

オススメ1 自己紹介

まずはこの機会に自己紹介を覚えてしまいましょう。
自己紹介はオンライン英会話でも使いますし、この先海外に行くことがあったり、海外の人と知り合いになったとしても使う絶対に必要なものです。

自己紹介だけでもスムーズにしておけば、会話のとっかかりとして自信にもなります。
下記はサンプルです。内容は名前、出身地、住んでいるとこと、仕事、趣味などを入れるといいですね。
お手本の音声くらいのスピードで話せるようになったら、かなり上達しています!

Hello, my name is Sakura
 I am the teacher of Speaking of English.
 I am originally from Japan and I currently live in Canada.
 I have been a teacher since 2018.
 Before becoming a teacher, I worked as an assistant teacher at a public school.
 In my free time, I enjoy playing with my kids.


こんにちは、サクラです。
英語の先生をしています。
日本生まれで、今はカナダに住んでいます。
2018年から先生をやっていて、その前は公立学校の補助講師をしていました。
休日は子供たちと遊んでいます。

オススメ2 日常生活の自分の行動

朝起きてから寝るまでをいちいち独り言でつぶやいてみましょう。
wakeup_time
I wake up at 7am.
I have some breads for breakfast.
I’m off today!
What will I do?
Yes! I decided to go shopping!

こんな風に簡単な言葉でいいので、ブツブツと自分の行動を言葉にしてみましょう。
そうすると、「あれ?これってなんて言うんだろう?」
ということが必ずでてきます。
例えば、これはわかりますか?

I’ ve to pay utility bills.
(今日は公共料金払わなくちゃ。)

公共料金= utility bills

ちょっとした単語が出てこない時は、調べて使うを繰り返します。

オススメ3 人を観察して言葉にしてみる

カフェでコーヒーを飲みながら、街を歩きながら、周りを観察してみましょう。

I wonder if he’s worry about something?
(あの人何か心配事でもあるのかしら?)

He’ans been listening music for a long time.
(彼ずーと音楽聴いてるわ)

It’s raining.
(雨降ってる)

That dress is so cute!!
(あのワンピースかわいい!)

Geee!The bus is so crowded!
(げ!バス超混んでる。)

自分のことではない周りのことを英語で言ってみましょう。
これも簡単な言葉で構いません。
たくさん口にして英語に慣れるのが大事です。

When:「独り言」はいつ話すのか?

when
24時間いつでも、どんなことでもトレーニングはできます。
でも、最初は「いつ」つぶやくことにするかを決めておいた方がいいですね。

まずは習慣にしてしまい、呟く言葉を自分のものにしてしまえばトレーニングの成果もあるというもの。
慣れてしまったら、口にする言葉をどんどん増やしていきましょう。

・朝起きてすぐ

It’s time to wake up.
(起きる時間だ)

I wake up at 6 am.
(6時に起きた)

I should wash my face after getting dressed.
(着替える前に顔を洗わなくっちゃ)

Do I have breakfast?
(朝ごはん食べようかな)

・出かけるとき

I’ve got to go hurry.
(急いでいかなきゃ)

My bus has passed.
(バス行っちゃった)

I have an appointment today.
(今日はアポがあるんだ)

I think it’ll be busy today.
(今日は忙しくなりそう)

・仕事が終わったあと

I’m tired.
(疲れた)

I’m so hungry.
(お腹すいた)

I’m going to go shopping on my way.
(帰りに買い物よってこう)

・家に帰ってきた時

I have to study after dinner.
(夕ご飯食べたら勉強しなきゃ)

I’m not good at speaking in English.
(英語のスピーキングが苦手なのよね)

I met a woman in red.
(赤づくめの女の人をみたの)

Whom:「独り言」は誰に話すのか?

独り言なので、誰に聞かれるわけでもありません。大きな声しっかり話すトレーニングです。
発音も文法も間違えてしまっても、指摘されるわけではないので気にせずにどんどん話しましょう。
そして慣れてきたらガジェットに話しかけて発音のチェックをしてみるのもオススメです。例えばsiriに話かけてみて、ちゃんと英語が認識されるのかどうかを確認してみます。

他にはGoogleのアプリに「ok,google」で音声を認識してくれるかを確認してみるのもいいですね。
発音ができてないものは違う単語だと認識されてしまうので、苦手な発音を自分で見直すこともできますよ。

Where」「独り言」はどこで話すのか?

一人でできるので、どこででもできるのが「独り言」トレーニングのメリットです。家の中、通勤途中の道、仕事でデスクワークをしている時、休憩中、どこでもいろんな英語を呟くことができますね。周りに人がいるのが気になる時は、小声で呟くのもいいですし、やらなくてももちろん大丈夫です。

思いっきり大きな声で話せるのはやはり家の中でしょう。家の中で話す時は、鏡を見て口がしっかり動いているかを自分で確認してみるのも良い方法です。

Why:なぜ?理由を英語で話してみる。

いちいち理由を考えて話してみるのも良いトレーニングになります。なぜなら英語は日本語と違って、「誰が」「何を」しているのかや、「yes」なのか「No」なのか、なぜそう思うのかをはっきりさせる言語だからです。
日常的に英語の考え方で話してみることで、必要な時に口からすぐに言葉が出てくるようになるのです。

例えば、こんな風に使ってみましょう。

I’m tired today’s morning.
Because I went to bed last night.

(今日は朝から疲れてる。だって昨日寝たの遅いから)

It’ll rain today.
Because the typhoon is coming.

(雨が降りそう。だって台風がきてるからね)

I have to study hard after coming back home.
Because I have a test next week.

(家に帰ったらしっかり勉強しないと。だって来週テストだもん)

How:どんなふうに「独り言」を話すのか?

・文法を気にしないこと
・短文OK。気にせずどんどん言ってみること

「いつも同じことしか言えない」
それがいいことなんですよ!
同じことを何度も繰り返すことで、そのフレーズはしっかりと定着します。
自分のものになれば、英語を話すチャンスが来た時にすぐに発することができるようになります。
「thank you(サンキュー)」を頭の中で英語にしてから話しているわけではないですよね?

「thank you(サンキュー)」はもうしっかりと定着しているから、すぐに口から飛び出すのです。
それが「独り言」トレーニングの狙いです。

他にもあります!独学スピーキングの練習方法

1.英語で考える

日本語で考えてから英語を話そうとすると、頭の中で翻訳をする必要がでてきます。
じつは翻訳は簡単なことではないのです。バイリンガルの人でさえ、頭の中と話す言葉は一致させるといいます。
解決策は英語で考えることです。

これは難しいことに思えるかもしれません!
初心者には簡単ではありませんが、中学英語を学んだ大人の方であるならぜひ試してほしいトレーニングです。
わからない言葉があれば、英語から英語への辞書を使って調べてください。

こうすることで、日本語をを翻訳したりする必要がなくなります。
英語で考えることができるようになると、英語で話す方が簡単であることにある時気づくでしょう。

2.ミラーを使用する

可能であれば、一日一回、数分の間鏡の前で英語を話してみましょう。話すトピックを決めて、タイマーを設定します。
その数分の間に話します。このトレーニングのポイントは、話すときに口、顔、ボディランゲージをよくみることです。

このトレーニングは、どんな単語を知らないのか、言い回しに問題があるかを見つけるのに役立ちます。

3.英語の早口言葉を試す

日本語でも早口言葉ってありますよね。
「なまむぎなまごめなまたまご・・・」っていうアレです。

同じようなものが英語でもあります。
「Tongue Twisters for English」といいます。

“The thirty-three thieves thought that they thrilled the throne throughout Thursday.”

どうでしょう?
かなり難しいと思います。
英語の早口言葉を繰り返すことで、口と舌がしっかり動かせるのかを確認できますし、発音の助けにもなります。
ぜひゲーム感覚で挑戦してみてください。
たくさんの早口言葉が載っているサイトはこちらです。

4.シャドウイングをする

ネイティブの英語を真似をして追いかけてみましょう。これをシャドウイングといいます。
今はspotify、YouTube、テレビなど、たくさんの素材が手に入ります。ネイティブのナチュラルな英語のスピーチを真似して発音の練習してください!

気に入ったものが見つかれば、何度も繰り返します。トーン、スピード、さらにはアクセントに合わせてください。
スピードに追いつかなければ、単語を飛ばしてしまっても構いません。大事なのはシャドウイングを続けることです。

5.ストレスのある音に注意を払う

英語はストレスを大事にする言語です。
特定の単語や音節(音)に強弱をつけることで、単語や文に意味を与える場合があります。

ネイティブのストレスをよく聞いてください。
自分話す時には、ネイティブと同じようにストレスをつけてみてください。そして何度も繰り返します。
このトレーニングをすることで、発音はもちろんリスニングの間違いを減らすことにもなります。

6.英語の歌に合わせて歌う

お気に入りの英語の歌はありますか?
英語の歌に合わせて歌うと、英語が流暢に話せるようになります。
これは科学的に実証されている学習方法です。
ポップスの歌に合わせて歌うことができるようになったら、次はラップに挑戦してみましょう。じつはラップは英語を練習するのに最適な方法です。ラッパーは通常の英語よりも、さらに強いリズムとより速い速度を使用します。しかもラップの歌詞は意味をなさない時があります。
かなり高度ではなりますが、ラッパーについていくことができれば、英語もかなり上達するでしょう。

7.単語ではなくフレーズを学ぶ

単語一つ一つを覚えることも大事ですが、フレーズで覚えてしまうのもよい方法です。私たち日本人が義務教育で習ってきたものは正しい文法と単語かもしれません。でも実際ネイティブは使わないというものもたくさんあります。

たとえば、「How are you(げんき?)」と習いましたね。
でも、ネイティブは実際はこんな言葉をよく使います。
“how’re you doing?”
“what’s up?”

よりナチュラルな話し方を目指すならネイティブの使っているフレーズを覚えてしまうのがいいでしょう。

おまけ

独り言で「あれ?けっこう話せるようになってきた?」を確かめるには実践が大事になります。具体的には英語で、外国人と話すことです。

オンライン英会話で力試し

外国人と話そうと思っても、日本にずっといる限り、外国人の知り合いがいない人もいるでしょう。
そこでオススメなのがオンライン英会話です。

月額1万円以下で、毎日レッスンを受けることができる素晴らしいサービスです。
オンライン英会話について詳しく知りたいかたはこちらの記事を読んでみて下さい。

なお、おすすめスクールは「ズバリどっち?DMM英会話vsネイティブキャンプ、比較と決め手」にまとめています。
トライアルは無料でできますので、まずはお試しでやってみるのがいいと思います。

オンライン英会話スクールにも、それぞれ特徴があり価格もちがってくるのですが、私のオススメできるオンライン英会話はDMM英会話とネイティブキャンプの2社になります。
>>ネイティブキャンプ【公式サイトはこちら】
>>DMM英会話【公式サイトはこちら】

まとめ

・「独り言」英会話のメリットは独学でできること
・「独り言」英会話の絶大な効果は3つ
・「独り言」トレーニングは5W1Hで!

いかがでしたか?
毎日コツコツと独り言を英語で言うことで得られる効果は絶大です。この記事を参考にぜひ試してみてくださいね。
↓独り言フレーズ集をkindleで出版しています。unlimitedなら無料ですので合わせてご覧ください。

実は日本人は発音記号を理解していない人が多いのです。発音記号をマスターしてしっかりスピーキングしましょう。