【Youtube連動】ペラペラ話す 瞬間英作文で英会話を学ぶ【日本語→英語】

英語 英語の基礎

「言いたいを英語にできない」
「聞けばわかるのに、すぐに英語に変換できない」

そんな経験がある人も多いと思います。
そこで今回は、瞬間的に「日本語→英語」にするトレーニングをご紹介します。

このトレーニングには、賛否両論ありますが初心者が「日本語を英語にする」という作業をするのは自然なことだと考えます。
そこでよく使う日常的な言い回しと、瞬間英作文のやり方を解説していきます。

瞬間英作文ってなに?

伝えたい日本語の内容を、瞬間的に英語にすることです。
日本語を英語にするということで、若干のタイムラグはできますが、英語の初心者は多かれ少なかれ頭の中の日本語を英訳しているものです。
そのスピードをあげるトレーニングをすることで、瞬間的に口から英語がでるようになります。

動画で学習することも可能です。
↓こちらからどうぞ!

瞬間英作文のメリット・デメリット

まずメリットは、超初心者が取り組みやすい学習方法だということでしょう。
「英語を日本語で学ぶ」ことに慣れている日本人は、「英語脳」と言われてもピンとこないのは仕方がないことです。
日本語を英語にするという作業は、中学の頃から慣れている学習方法なので、しっくりと頭に入ります。

一番最初の学習としては、瞬間英作文は良い学習方法だと言えるでしょう。

デメリットは、やはりネイティブが日常的に使っているフレーズというのは文法で説明できないことが多いもの。
そういったフレーズは「日本語→英語」にすることはできません。

そのため瞬間英作文で学ぶことができる文というのは、日常的でないものもあります。

瞬間英作文で注意すること

日本語で考えればイメージできると思いますが、伝えたいことが会った時、言い方というのはたくさんあります。
例えば、「遅れてしまったことを謝りたい」とします。
相手に伝えるフレーズとしては、こんなに言い方があります。

遅れてごめんね。
遅れてごめん。
遅れてすみません。
遅くなってごめん。
遅くなりました。ごめんなさい。
遅れてしまい、大変申し訳ありません。

英語も同じように、言い方はたくさんあります。
ですから、答えとして掲載されている英文だけが正解ではないことを覚えておいてください。

やってみよう!瞬間英作文

まず、伝えたい日本語を英語に変換しやすい日本語にしましょう。
英語は「誰が」「誰、なにに」対しての行動なのかを大事にする言語です。
また、「はい」なのか「いいえ」なのか、結論を一番最初に持ってくるということも忘れないでください。

「手伝おうか?」を瞬間英訳する

「手伝おうか?」
という日本語を、「誰が」「誰、なにに」対しての行動なのかを明確な日本語に変換します。

「手伝おうか?」
↓
「私があなたを手伝ってもいいですか?」
↓
May I help you?

「待ってるしかない」を瞬間英訳する

「待ってるしかない」
↓
「私たちにできるのは待つことだけです」
↓
All I can do is wait.

「もう寝ます。」を瞬間英訳する

「もう寝ます。」

「私は寝ようとしています」

I’m going to bed.

まとめ

日本語を、英語風の日本語に変えるというのが瞬間英作文のポイントかなと個人的には思っています。
日本語は主語がなくても問題ないし、結論を一番最後に持ってくるので、英語とは全く違う言語なのです。

>>英語と日本語との違いについてはこちら
初心者にオススメの「瞬間英作文トレーニング」ぜひ初めてみてくださいね。

↓初心者にオススメの短いフレーズはこちらもどうぞ。