【親子英会話】はじめよう!簡単でシンプルな英語の声かけ【朝から夜まで】

オンライン英会話 子ども向け 子ども向け 英語

子供が小さい時から英語に触れることができれば、英語は身につきます。
フィリピンでは幼稚園から校内の言葉は英語です。
そういった取り組みのおかげで、フィリピン人は英語が堪能です。
「オンライン英会話」や「セブ島英語留学」でも日本にお馴染みですね。
>>セブ島留学の記事はこちら

私たち日本人は学校も生活も日本語オンリーな人がほとんどです。
そんな中英語力をつけようと思ったら毎日少しでも英語を使ったり、聞いたりすることが重要になってきます。
そうすると家庭の中で英語を使うのが子供たちにとっては効果がありますね。

オンライン英会話講師の私は、「発音が気になる」「はずかしい」といった理由で子どもに英語で話しかけるのは気が引ける、と相談を受けます。
でも、そんなことちっとも気にする必要はありません!
日本にいながら英語になれるには、まずは親が積極的に英語を使うことです。

英語が身近な存在として、毎日の生活に取り込めればしめたもの。
そのために、身近にいる家族が簡単な声かけからでいいので毎日英語を使うのが大事になってくるのです。

親子英会話を始めていたり、興味がある人がtwitterでもたくさんいます。

親子英会話のコツ1 「必ず使う言葉」を英語にしよう

家族と一緒にすごす生活の中で、必ず子供に声かけする言葉ありますよね。
例えば、このようなものです。

「起きなさい」
「歯磨きして」
「ご飯できたよ」
「宿題やったの?」

日常の声かけを英語にすることで、子供が英語になれることができます。
ぜひ、これらの言葉をすべて英語で言ってみましょう。
Youtubeにもまとめてありますので、役立ててください。

Wake up!
(起きて!)

You look sleepy.
(眠そうだね。)

Go wash your face.
(顔を洗ってきて。)

Do you have everything?
(忘れ物ない?)

親子英会話のコツ2 マジックワードを多用しよう

英語圏の子供たちは、小さい時から親に厳しく言われることがあります。
それが、マジックワードです。
マジックワード

人に何かをしてもらった時は、必ず「Thank you.(サンキュー)」
誰かに何かお願いする時には、必ず 「please.(プリーズ)」 を付け加えることです。
他人に対してだけでなく、もちろん自分の家族に対してもです。

そして、「Thank you.(サンキュー)」と 「please.(プリーズ)」 はマジックワードと呼ばれています。
マジックワードはコミュニケーションをスムーズにする潤滑油のようなものです。

英語圏の家庭では子供だと言っても、please を言わないと、お願いを聞いてもらえません。
何かをプレゼントされても、”Thank you.” を言わないと、開けさせてもらえません。

子供が、マジックワードを言うのを忘れるとすかさず
What’s the magic word?”
(マジックワードはなーに?)

と、大人に聞かれます。
こうしてマジックワードの大切さをしっかり学んで、子供たちは大きくなるのです。

親子英語の中でも、ぜひこのマジックワードを使いましょう。
まずは物を渡すときに必ずつかってみましょう。

“○○,please.”(○○取ってください)

○○の部分に、食事中なら食べ物、本や、必要なものなどを入れて使ってみましょう。
欲しい物を指さします。
そしてこちらに渡して欲しいというジェスチャー付きだとさらに伝わりやすいですね。

子ども:Water, please!
   (ママ、水ちょうだい!)
ママ:OK.here it is.
(はいどうぞ!)

※pleaseが出てこなければ”プリ…”とヒントを与える。

親子英会話のコツ3 レッツシング&ダンス

子供にとって、歌ッタリ踊ったりは、楽しいことのひとつです。
子供もママもお気に入りの英語の歌はありますか?
うちの場合は、Taylor Swiftの「Shake it off」が好きでよく聞いています。

最初はゴニュゴニョでもちろん構いません。
知っている動揺を英語で聞くのもオススメです。

英語の歌に合わせて歌うことで英語が流暢に話せるようにるのは科学的に実証されています。
好きな歌を日常に取り入れて、毎日聞いてみましょう。

親子英会話のコツ4 読み聞かせを英語の本にしよう

読み聞かせが子供にとって良い影響があるのはよく知られている事実です。

  • 親が読み聞かせることで、子供の情緒が安定する
  • 知らない世界を絵本を通して知ることで、想像力が豊かになる
  • 子供の語彙力を高める
  • 自分で本を読む本好きの子供になる

子供の成長に良いことばかりの読み聞かせをぜひ英語でやってみましょう。
絵があって、ストーリーが想像できるお話ならば、飽きずに聞くことができます。
英語がわからなくて集中できない時は、日本語とミックスしてあげればいつもどおり聞けるかもしれません。

Where’s Spot?

Spotという名前の犬が活躍するお話です。シリーズになっているので、気に入ったら、他のお話もありますよ。

The Very Hungry Caterpillar

日本語「はらぺこあおむし」も大人気の英語版です。
おなじみの絵に、リズムのいいフレーズで子供も飽きることがありません。

親子英会話のコツ5 シンプル&簡単なフレーズを継続しよう

英語を身に付けるために一番大事なのが、「継続」です。
親子英語なら、ママとパパが続けることが何よりも大事なことです。

そのためには、「簡単」で「シンプル」、そしてよく使う英語を取り入れることが重要なポイントです。

What happened?
(どうしたの?)

Which one?
(どっちがいい?)

Do your homework.
(宿題しなさい。)

このように、日本語でも使っている言葉をシンプルなフレーズで英語にします。
そして、毎日使うことで親にとっても子供にとっても「いつものこと」「いつもの言葉」になります。

親子英会話のコツ6 オンライン英会話を使ってみよう

今は手軽にオンラインで英会話のレッスンを受けることができます。
子供向けのテキストも充実しているので、是非体験して定期的にレッスンをしてみましょう。


>>オンライン英会話を無料体験したいならこちら

まとめ

「私は英語が得意じゃないから・・・」
と尻込みしているお母さんも安心してください。

発音は、オンライン英会話やyoutubeでいくらでも学ぶことができます。
実際、うちの子供達も親には難しい「r」「L」や「th」の発音もスムーズにできるようになっています。

家庭で声かけする「親子英会話」で大事なのは、続けることと楽しく行うことです。
子供は親がどんな風に思っているかを態度などから、理解してしまいます。

ですから、是非とも「簡単」「シンプル」な声かけからはじめてみましょう。