【ハロウィンで使える英語フレーズ】Trick or treatだけじゃないパーティ英会話。

英語 英語の基礎

ハロウィン=仮装(コスプレ)
いつのまにか日本でもすっかり根付いたハロウィン。
テーマパークやデパートだけでなく、学校でもハロウィンのイベントなどをやることもあるくらいメジーなイベントになりました。

ハロウィンは、毎年10月31日に行われています。
その日は秋の終わりであり、冬の始まり、そして死者が家族を訪ねてくると言われていました。
そのための魔除の意味で、ジャックオーランタンなどを作っていたのですが、現在はアメリカを中心とした民間行事として定着しています。

ハロウィンといえば、
“Trick or Treat!(お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ!)

このフレーズはとても有名になり、日本人でも知っている人が多いですね。
でもこのフレーズになんて答えればいいのかまで知っている人は少ないのではないでしょうか。

この記事ではハロウィンで使えるフレーズを紹介したいと思います!
Youtubeで発音の確認もできます。
↓動画はこちらです。

ハロウィン【準備編】

日本では一般的ではありませんが、アメリカではホームパーティーを開くことも多いです。
パーティに誰を招待するのか、どんな仮装をするのかもハロウィンの楽しみ。

大人はハロウィンように、小分けのお菓子を用意するのもお忘れなく。

I’ll dress up as a princess.
(私はプリンセスになるわ。)

Let’s organize a party.
(パーティの企画しよう。)

How do you spend Halloween ?
(ハロウィンはどう過ごすの?)

I’d love to!
(ぜひ行きたいわ!)

Who’s in?
(誰が参加するの?)

Dress up and enjoy Halloween.
(ドレスアップしてハロウィン楽しもう。)

ハロウィン【当日編】

待ちに待ったハロウィン当日、10月31日!
今日がどんなに楽しい日なのかを子供達が教えてくれます。

もちろん大人だって仮装で目一杯楽しめますよ。
フレーズ

When will the party start?
(パーティは何時に始まるの?)

What are you dressed up as?
(それって何の仮装してるの?)

Our Jack-o’-lantern is the best.
(うちのジャックオーランタン最高に可愛い。)

What is the scariest haunted house?
(一番怖いお化け屋敷は?)

Dracula is here!
(ドラキュラがでたぞー!)

You look so scary!
(こわそう!)

Boo!
(わっ!(驚かせる時))

どんな風にやってるの?Trick or Treat

断るときの看板
海外では子供達がお菓子をもらうために近所の家を回ります。
その時の合言葉が「trick-or-treat」です!

子どもたちは毎年、これを楽しみにハロウィンを待っています。

大人も付き添って家族やグループを作り、ご近所さんの家を仮装姿で周ります。
このとき、ジャック・オ・ランタンが玄関先にある家が目印になります。
子供たちにお菓子の準備をしていない家は「No trick or treaters」と出している場合もあります。

玄関が開くと、子ども達は元気に「trick-or-treat!」と驚かせるのです。
そしてチョコレートやビスケットをもらってにっこりと喜ぶぶ子ども達。
これがハロウィンです。
こんな風にやりとりがされますよ。

子供:Trick or treat.(お菓子くれないと悪戯するぞ。)

大人:Treat, of course.(もちろんあげるよ。)

子・大:Happy Halloween.

大人:Come again next year!(また来年おいで。)

ハロウィン英会話のまとめ

trick-or-treatだけでなく、その周りのフレーズも覚えることでさらに楽しめそうですね。
ハロウィンが終わればクリスマス、新年とイベントが続きます。

パーティ関連のフレーズも実際出てみると「出てこない!」なんてことがよくあるものです。
しっかり予習をして楽しいパーティにしてくださいね。