【英語に敬語はない?】礼儀正しく、丁寧な英会話を解説【Youtube連動】

英語 英語の基礎

日本人にとって「敬語」の存在は大きいものです。
小学校のうちに「丁寧語」「謙譲語」「尊敬語」の三つを学ぶ私たち日本人は、どうしても心配になってしまうものです。

「自分の英語は失礼になってないだろうか」

私たちにとっては、年上の人や初めて会った人には敬語を使って話すのが自然なことです。
ところが、英語では「敬語」にあたるものはないという話は聞いたことがありませんか?
実はこれは「Yes」とも言えるし、「No」とも言えるのです。

この記事では、「英語の敬語」について解説をしていきます。

YouTube版も公開しています

敬語のフレーズとはどういうものなのか、聞き流しでもフレーズを聞くことができます。

英語でいう「敬語」とは?

日本語では話している相手によって使う言葉を変えることがあります。
それが敬語であり「謙譲語」や「尊敬語」などと呼ばれます。
でも、日本語で使われているような「謙譲語」や「尊敬語」のような概念の敬語は、英語にはありません。

わかりやすい言葉でいうならば、「丁寧な英語」と「無作法な英語」というイメージになります。
ネイティブ圏では、上司のことも「マイク」や「ジョー」などとファーストネームで呼ぶことが普通です。
とはいえ、友達と話す時の会話とビジネス会議の時の英語は同じではありません。

例えば、動詞でもよりフォーマルなものを選ぶことで丁寧な英語にすることができます。
ていねいなワードとは

I think sometimes the best training is to rest. 
(時には休むことが一番のトレーニングでもあると思うよ。)

この動詞を変えるだけで、丁寧な表現にすることができます。

think →suppose

I suppose sometimes the best training is to rest. 
(時には休むことが一番のトレーニングでもあると考えられます。)

このように選ぶワードを丁寧なものにすることで、丁寧な表現にすることも可能です。

ていねいな英会話のポイントとは?

それではていねいな英語表現にするためのポイントをみて行きましょう。

ポイント1 直接的な表現をさける

「え?」と思った人も多いのでは?
英語は直接的な表現をするのが普通だと思っている人も多いですよね。
もちろん「伝える」ということにフォーカスするならば、シンプルでダイレクトな表現がベターでしょう。
でも何かを断ったりするときや、言いにくいお願いをする時には、日本語と同様に直接的な表現をしない方が良い場合もあるのです。
例えば誘いを断る時には、頭に「残念ですが・・」という言葉をつけて話すようにすると、婉曲な表現になります。

I'm afraid I can't do this right now.
(残念ですが、いますぐにはできません)

I'm afraid I can't speak Chinese.
(残念ですが、もう食べられません。)

ポイント2 仮定形で表現する

「もしも〜したら」と中学校で学習した仮定形を使用することでも、丁寧な英会話を実現することができます。
難しそうだと思ってしまいがちですが、仮定形を使うことで遠慮がちな主張やお願い、提案もすることが可能です。

Can you help me?
(手伝って)
If possible, could you help me?
(もしも可能なら、手伝ってもらえますか?)

上の例文を見ればわかりますが、直接的な表現は短くてシンプルです。
そして、ていねいな表現は長くて、婉曲な言い方となっています。

ポイント3 今どきの表現は使わない

これは日本語でも同様ですね。
流行り言葉は、旬な感じを伴っているので若い人が良く使います。
ただこういった言葉を使っていると、品がない感じに見えるというのも理解できます。

英語も同様で、流行り言葉というものがあり、使ってみたくなる気持ちもわかるのですが、使わないのがていねいな英語の基本です。

ポイント4 フォーマルな単語を使う

最初の段落でも紹介したように、フォーマルな単語を選ぶことでていねいな英語表現にすることができます。
例えば日本語でも、
「考える」よりも「考慮する」
「起きる」よりも「目覚める」の方が、フォーマルな言葉になります。
ていねいなワードとは

このようなイメージで英語の中でもフォーマルなワードを選べばていねいな言い方になります。

I don't like music.
(音楽が好きじゃない)

I don't care for music.
(音楽は好みではないです)

ポイント5 相手の立場、自分の立場を考える

日本の文化と英語圏の文化は異なっていることもあり、「自己主張をしっかりしなきゃ」という強迫観念を持ってしまうことも仕方がありません。
でも冷静になってみればわかるのですが、初対面の人にいきなり「歳いくつ?」と聞くことは失礼ですよね。
どうしても相手の年齢を知る必要があるのなら、まずは「聞いてもいいですか?」と確認するのが相手の立場を考えれば必要なことです。

英語に敬語はない?

結論としては、日本語と同様なものはありませんが、丁寧な表現や言葉は存在します。
基本的に丁寧な表現をしようと思えば、語彙数も増えてきます。
加えてシンプルな英語とは離れてもいきます。

初心者がていねいな英会話をするのは難しいのは間違いありませんが、もしも英語圏で生活することやビジネスで英語を使う必要があるのなら、学習をしましょう。

SAKURA ENGLISH SCHOOLのYoutubeチャンネルでは無料でフレーズの練習ができます。

敬語よりも前段階の英語を身につける方法はこちらです。