Sakura English サクラ・イングリッシュ

大人の英語脳の作り方【1日10分習慣トレーニング】YouTube連動

英語フレーズ 英語学習

英語脳という言葉をきいたことがありますか?
英語脳とは言葉の通り、英語で考え英語を話すという感覚のことです。
大二言語として英語を獲得したいなら、英語脳を作ることは英語を獲得することにつながります。
この記事では大人でも0からできる英語脳の作る方を解説します。
この記事に連動したYouTube動画のフレーズ集150は一番最後、目次からジャンプできます。

英語脳とは何か

「英語脳」「日本語脳」という言葉を聞いたことがありますか?
英語を学習しているなら、きっとどこかで耳にしたことがあるかもしれません。
英語脳とはこんなものになります。

    How are you?
    (調子はどうですか?)
    I’m great! How about you?
    (元気ですよ。あなたは?)

英語学習をしているならお馴染みの会話の始まりです。
あいさつをされて、すぐに返事ができる人が多いでしょう。
ここでは反射的に返事をできる人が多いと思います。
それは、頭の中で日本語→英語へと翻訳することもなく、瞬発的に返事をすることができているからです。
このように、日本語ではなく英語で考え、会話する状態を「英語脳」と言います。

英語脳が必要な理由

英語脳は英会話学習をステップアップしていくにあたって、重要なテーマとなります。
超初心者の場合は、日本語で英語を学習し、頭の中で日本語→英語に翻訳するのも必要です。
その方が日本人にとっては学習がしやすいからです。
ただ学習を進めていくと問題がでてくるのです。

直訳では対応できないことがある

日本語を直訳するのでは対応できないことがたくさんあります。なぜなら英語と日本語は成り立ちから文法まで、多くの違いがあるからです。
例えば、「私視力が悪いんだ」と言いたいとします。
日本語で考えていると「視力」という単語は英語で何というのかを考えます。しかし、「視力」という単語がわかりません。
そうすると、「英語で言えない」ということになります。
実はこの場合、とても簡単な英語で伝えることができます。
たったこれだけ、誰でも知っている単語ばかりです。

My eyes are bad.(目が悪いんだ)

会話のテンポについていけない

ネイティブと英会話をするときに必要なのは、「テンポよく話すこと」だと感じます。
少し考えて見てください。
日本語が得意ではない外国人男性と会話しているとしますね。
あなたが質問したことに対して、簡単だけどテンポよく返事をしてくれる場合と、
いつも長ーい間があってから返事をする場合、
どちらが会話を続けたいと思うでしょうか?

答えは、、簡単だけどテンポよく返事をしてくれる場合ですね。
日本語→英語だと、どうしても会話のテンポから遅れてしまいがちです。

英語脳へのステップ

【初期】英語を日本語で考える

英語学習を始めた時は、日本語で補助しながら英語を学習しています。
そのため、考える時は「日本語」が中心となっています。
例えば、「私は明日予定があります」と言いたいときには、まず日本語が浮かびます。
その日本語を英語におとしていきます。
「私は→I」「あります→have」「予定が→a plan」「明日→tomorrow』

I have a plan for tomorrow.
(I have a plan for tomorrow.)

日本語で考えて、英語にするというスタイルが、この段階です。
ここで大事なのは、英単語、英文法など英語の知識をたくさん身につけることです。
日本語で得る知識で問題ないので、たくさん学んで英語の下地を作りましょう。

【中期】英語を英語で考えるようにする

学習を続けていると、何度も口にしている言葉から、考えなくても自然に出てくるようになります。
例えば「Thank you」などは自然に口から出てくるフレーズですね。
「ありがとう→Thank you」といちいち翻訳しなくても、その言葉を使うべきとき、言い方などを覚えているのです。
そういったフレーズ、単語などを増やしていくのがステップ2です。

【後期】英語を使うときには、自然に英語で考える

この段階では英語で考えます。単語だけでなく、文章の状態で考えるという状態です。
例えば、「hungry(お腹が減っている)」という単語が自然にイメージできるところから、

    I’m hungry. Is there something to eat in the kitchen?
    (お腹すいたな。キッチンに何かあるかな?)

と文章で考えるようになるのです。

これが、英語を使う時は英語で日本語を使う時は日本語でできるようになるのが、英語脳でありベストです。
次は自然に英語脳になるためのトレーニング方法を紹介します。

英語脳・毎日の10分トレーニング

実は英単語を3000語程度知っていれば、十分英語だけで思考するのが可能だと言われています。
それなのに、「できない」と思ってしまうのは頭の中で翻訳をしている「日本語脳」状態だからなのはまちがいありません。毎日のトレーニングで日本語脳から英語脳にシフトしていきましょう。

トレーニング1 全てのオブジェクトを英語出言ってみる

例えば部屋にあるもの、机の周りのもの、キッチンにあるものを全て英語で言えますか?
実際口にしてみると、わからないものがあったりします。
目にしたものを英語で発音をしてみましょう。
この場合はわからないものは調べて確認し、発音をするまでやります。
「今日はキッチンにあるものを全部言ってみる」とか、「3分間目にしたものを全て英語で言ってみる」などのように、自分でテーマを決めます。
最終的には全てのものが英語で言えるようになることを目標としましょう。

トレーニング2 まずは3分間、簡単な英語の文で思考する

実際のところ仕事や勉強をしている時間以外は、難しいことを考えている人は少ないのではないでしょうか?
「早くお昼にならないかな」
「週末何しようかな」
「今日忘れないで歯磨き粉買わなきゃ」
「お母さんに電話しろって言われてたんだ」

普段考えているこのようなことを、英語で文章にします。
最初は日本語の思考が浮かんだら、次はそれを英語で考えるという感じで進めましょう。

トレーニング3 自分と簡単な会話をする

一日3分程度を目安に自分と会話をしてみましょう。
もちろん一人の時や誰も見てないところでやってもいいですし、頭の中で会話をするのでも構いません。
簡単な言い回しで、無理のないスピードで会話を続けます。
このような感じでやってみてください。

I'm starving.
(ハラペコだー)
What do you want to eat?
(何食べたいの?)
I want to eat spaghetti with salmon.
(サーモンのパスタが食べたい)
Do you? But you're on diet, right?
(そうなの?でもダイエット中じゃなかった?)

ステップ4 毎日何かを英語に変える(新聞、設定など)

あなたが毎日やっていることをひとつづつ英語に変えていきましょう。
例えばスマホの設定を英語にするのはどうでしょうか?
知らなかった英単語を知ることができますし、自然に英語脳になる助けになります。
他には、毎日見ているニュースを英語のサイトに変えたり、見ているYoutubeを英語の番組に変えたりするのもいいですね。
料理が好きなら、英語のレシピを見てみるのもいいでしょう。

英語脳の作り方 まとめ

英語が流暢に話せるようになるためには、実は英語脳は獲得しなくてはいけないものです。
とはいえ、第二言語として英語を学ぶ私たちはトレーニングで英語脳を獲得しなくてはなりません。
日本語→英語と翻訳をする初期の段階で足踏みをすることも多く、辛い時期もあると思いますが、必ず上達します。
毎日トレーニングを続けることで英語脳を手に入れる=英語を獲得することができます。
うまくいかなかったら数日休んでも構いません。
少しずつ時間を作って、トレーニングを続け英語脳を手に入れましょう。

YouTube連動フレーズ集

 英語日本語
1Please pass me the salt.塩を取ってください
2Don’t talk with your mouth full.口に物を入れたままで話してはいけません。
3Excuse my reach.前を失礼します。
4Please go ahead.お先にどうぞ。
5I feel tired today.今日は疲れています。
6I slept like a log last night.昨晩は爆睡しました。
7People who live in Hawaii are lucky.ハワイに住んでいる人は幸せですね。
8Say hi to Ken for me.ケンさんによろしく伝えてください。
9I feel relieved to hear you are safe.無事だと聞いて安心しました。
10Sorry, I have to go.すみません、もう行かないと。
11Are you going to stick around a little more?もう少しここにいますか?
12Every time we land or take off, my ears hurt so much.着陸、離陸のたびに耳が痛くてたまらないんです。
13You got up real early.早起きしたんですね。
14Good luck with your new job!新しい仕事がうまくいきますように。
15I’ll call you later.また後で電話します。
16Let’s keep in touch.連絡を取り合いましょう。
17You can say that again.全くその通りです。
18I mean it.本気です。
19I understand where it is coming from.そう言うことだったのですね。
20I know what you mean.言いたいことはわかります。
21Point taken.なるほど、そうですね。
22May I interrupt?ちょっとよろしいですか?
23I’m not sure I understand.ちょっとわかりません。
24Do you mean that he is going to buy the house?彼があの家を買うと言うことですか?
25I've tried everything, but nothing works.いろいろ試してみましたが、うまくいきませんでした。
26Could you explain that again, please?もう一度説明してもらえますか?
27Let me know more about it.もっと詳しく聞かせてください。
28I feel nervous about today’s presentation.今日のプレゼン、緊張しています。
29That's disgusting.気味が悪いですね。
30Would you clarify that?その点を明確にしていただけますか?
31May I ask your opinions?皆さんの意見を聞かせてください。
32You bet!確かにそうですね!
33How did you get into it?どうやってハマったんですか?
34It is a great day for a picnic.ピクニック日和ですね。
35Please take your coat with you.コートを持って行ってください。
36I am afraid that I cannot agree.すみません、賛成出来ません。
37I cannot be happier.最高に幸せです。
38It looks like rain.雨が降りそうですね。
39Could you give us more details?もう少し詳しく教えてください。
40I hope that the rain will stop soon.雨がすぐ止むと良いですね。
41It’s been getting colder recently.最近、寒くなって来ましたね。
42Beautiful day, isn’t it?いい天気ですね。
43It is a bit too warm for this time of year.この時期にしては暑すぎますよね。
44It is pouring.どしゃ降りですね。
45It looks good on you.とてもお似合いです。
46You look great with your new hair style.新しい髪型、素敵です。
47You look like your mother.お母さんに似ていますね。
48Let’s get down to business.本題に入りましょう。
49What do you think we can do?私たちに何が出来ると思いますか?
50How can I be a good talker?どうしたら話し上手になれますか?
51Where do you think we should go?どこに行くべきだと思いますか?
52Can you order this from other branches?他の支店でも注文できますか?
53You name it, we can handle it.何でもお任せください。
54Do you think it is a good idea?いい考えだと思いますか?
55Have you heard about the gossip?例の噂聞きましたか?
56I was very disappointed.とてもがっかりしました。
57She is a blabbermouth.彼女はなんでも話します。
58I used to go fishing before.昔はよく釣りに行ったものです。
59It’s too loud.うるさすぎます。
60Please turn down the music.音楽の音を小さくしてもらえますか。
61She can't keep a secret.彼女は秘密を守れません。
62The student was very talkative.その学生はとても饒舌でした。
63She has such a big mouth!彼女はなんて口が軽いのでしょう!
64You know I’m a poor talker.僕が口下手なの知っているよね。
65Did you hear about the news?そのニュースについて聞きましたか?
66I’m a good listener.私は聞き上手です。
67He’s a bad liar.彼は嘘がヘタです。
68I was a little late bloomer.私は遅咲きでした。
69One moment, please.少々お待ちください。
70You’re lying!嘘をついてますよね。
71No way!まさか!
72Can I talk to John?ジョンさんとお話しできますか?
73Are you making it up?作り話をしてますか?
74I’m not joking.冗談ではありません。
75What about it?どう言うことですか?
76Did it surprise you?驚かれましたか?
77Did you hear from him?彼から連絡はありましたか?
78Let me think a minute.ちょっと考えさせてください。
79Don’t tell me a lie.嘘をつかないでください。
80I’ll see if John is available.ジョンが対応可能か、確認しますね。
81I’m afraid that I can’t see you.残念ながらお会い出来ません。
82When can I reach him?いつならお話しできそうですか?
83Can I leave a message to him?彼にメッセージをお願いできますか?
84Sounds like a plan.いいですね。
85You know what?聞いてますか?
86I screwed up.やってしまいました。
87Do we need reservations?予約は必要ですか?
88Chill out.落ち着きましょう。
89How far away is it?距離はどのくらいですか?
90I really appreciate it.本当にありがとう。
91Bottoms up!乾杯!
92Let’s hang out.遊びませんか?
93I have to cram for the exam.テストの準備でこもります。
94I killed the exam.試験は余裕でした。
95It’s a piece of cake.朝飯前です。
96My father won the lottery.父は宝くじを当てました。
97I got a slice of the pie.私は、分け前をもらいました。
98Would you take me there?そこに連れて行っていただけますか?
99I can pick you up at the station.駅まで迎えに行きます。
100I’ll go to the airport to see you off.空港まで見送ります。
101I sent my kids to school.子供を学校に送り出しました。
102I take my dog for a walk almost every day.毎日、犬を散歩に連れて行きます。
103I take good care of my dog.犬の世話をしています。
104I’m getting used to the new company.新しい会社に慣れて来ています。
105He takes advantage of her.彼は彼女を利用しています。
106Don’t mind me, just keep doing what you are doing.私にはお構いなく。作業を続けてください。
107Don’t judge me!批判しないでください!
108Hey, don’t remind me.ちょっと、思い出させないでください。
109Don’t make me cry.泣かせないでください。
110What is bothering you?何を悩んでいるんですか?
111Let me try this.試してみましょう。
112Don’t tell me you missed the train.電車に乗り遅れたなんて言わないでください。
113What if he gets to know the truth?もしも彼が真実を知ったらどうしよう?
114Let’s not think about that.それについては考えないことにしましょう。
115Do you want me to go there with you?一緒にそこへ行きましょうか?
116How soon can you come here?どれくらいでこちらへ来られますか?
117I’m getting very hungry.とてもお腹が空いて来ました。
118Why don’t you get something to eat?何か食べるものを買ってきたらどうですか?
119Don’t forget to call me.忘れずに電話してください。
120I totally forgot seeing the movie.映画を見たことをすっかり忘れていました。
121Is it all right if I leave now?もう帰っても良いでしょうか?
122Would you mind opening the door for me?窓を開けていただけますか?
123Don’t make a fool of me!馬鹿にしないでください。
124Don’t play me a trick.ごまかさないでください。
125We'll never go there again.もう二度と行くことはないでしょう。
126We can walk right in.歩いていけますね。
127You can take our word for it.私たちの言葉を信じてください。
128Do you believe in UFOs?UFOの存在を信じますか?
129Don’t blame me!僕のせいにしないでください。
130It is your fault.あなたのせいです。
131If anything goes wrong, I will take the blame.もしもうまく行かなかったら、私が責任を取ります。
132I’m in the mood for Chinese.中華料理が食べたい気分です。
133I don’t feel like studying tonight at all.今晩は全く勉強する気になりません。
134That Chinese restaurant is one of my favorites.あの中華料理屋はお気に入りの一つです。
135Can I ask you a favor?頼み事をしても良いですか?
136I’m leaving for Tokyo.東京へ向かっています。
137That's a good idea.それはいいですね。
138I bumped into my coworker.同僚とばったり会いました。
139Do you happen to know him?もしかして、彼のことを知っていますか?
140I deleted his phone number by mistake.彼の電話番号を間違えて消してしまいました。
141Cut it off!やめてください!
142Stop making fun of me.からかわないでください。
143Will you stop smoking here?ここでタバコを吸うのをやめてもらえますか?
144I'll go up front and talk to the manager.フロントへ行ってマネージャーと話してみます。
145Where are you headed to?どちらへ向かっていますか?
146What is wrong with you?どうしたんですか?
147I can't believe how long this line is.この行列の長さ、信じられない。
148It won’t be long!もう少しの辛抱です!
149I've been coming here for years.私は何年も前からここに通っています。
150That tasted so good.とっても美味しかったです。